蟹味噌

タラバ蟹のミソにはご用心

店頭で販売されているタラバ蟹や毛蟹はボイルされたものが多いです。残念ながら、一度茹でたタラバ蟹を焼きカニにしても今ひとつ美味くありません。ですから、生タラバ蟹が手に入ったら、やっぱり炭火を使った焼きガニでしょう。これはもう最高です。

 

ただ、生のまま焼くと殻に身がくっついてしまうので、軽く蒸してから焼くのがポイントです。とにかく焼きガニは美味しいですから、チャンスがあれば是非一度体験してみて下さいな。茹でて冷凍したタラバは、半解凍くらいで網にのせて焼きます。ビールでもウィンでも、どんな飲みもとでも相性がいいですよ。

 

通常通販で茹でたタラバを購入する場合は、タラバのミソを抜いて茹でてありますので、大丈夫なのですが、家庭で生から調理する時に、第一番にしなければならないのが、ミソを抜くことです。

 

おそらく家庭では、カニをバラバラに解体してから蒸すなり茹でるなりすると思います。カニのミソをつけたまま茹でると、ミソの油っぽさが他の身の部分に移ってしまい、折角のタラバの美味しさが台無しになってしまいます。

 

 

毛蟹のカニミソはなめ味噌

毛蟹のカニミソは美味しいことで知られていますが、カニミソというのは蟹の中腸腺のことです。ミソというから脳ミソと勘違いされる方もいるかもしれませんが、カニミソというのはカニの内臓ということです。

 

それにしても蟹の内臓を何故カニミソというのでしょうか?カニミソというのは、蟹の内臓やくず肉を味噌などで練り合わせたものです。何かと味噌の混ぜ合わせには、野菜と味噌、穀物と味噌、豆と味噌、魚と味噌などという組み合わせもあります。

 

例えば、それらは、たい味噌・ゆず味噌・金山寺味噌などと呼ばれており、それらを総称して「なめ味噌」といいます。つまり、蟹の内臓と味噌を混ぜ合わせた「なめ味噌」のことを「カニミソ」と呼んでいます。

 

回転寿司で食べる安価なカニミソは、安いズワイガニの一種のものを使っているようです。カニの内臓(ミソ)は、どのカニでも食べることができるのかというと、そうではありません。カニの種類によっては、食べられないミソや不味いミソもありますので注意が必要です。